SHAMPOO 1899 KYOTO(シャンプー)

販売価格 2,750円(税込)

【SHAMPOO 1899 KYOTO 250ml 】

京都で創業120余年のサロン「ひさだアートインダストリー」がお客様の声と長年の智恵で作り出したシャンプーです。

シャンプーとして一番大事な「最適な洗い心地」を叶えるために、必要なものだけを厳選し調整を繰り返し配合しました。

香り 天然香料(オレンジ・ゼラニウム) 

<開発者より>
髪の相談を本職としている開発者が、お客様との相談を重ねる中で、いかに余計なものを抜いて優しい洗い上がりにできるかを試行錯誤しました。どうしても一番最後の仕上げに優しい保湿成分が見つからなかったところ、佐々木酒造様の酒粕エキスという答えに辿り着きました。
・口にすることができるものから抽出したもの
・京都の歴史の中で淘汰されずに愛されているもの
・無駄なく洗練されお酒自体が美しい存在であること
という理由から躊躇なく選択した結果、仕上がりが抜群に良くなり、完成致しました。

<背景とポイント>
一般的には髪のダメージをごまかす為に、多くの工夫を重ねるヘアケアが大半です。ただ、昨今ではカラーやパーマ、シャンプー剤のミスマッチなどで髪へのダメージもさることながら、頭皮へのダメージが大変深刻です。髪のダメージをごまかしてしまうと、そこに気付くことができず、知らない間に頭皮のコンディションを落とされる方が激増しております。そこでこの製品はあえてダメージをごまかさずに向き合って頂き、このシャンプーで軋まない程度のダメージで留めて頂くというスタンスでおります。健康毛であればシャンプーのみでも基本的には軋まないように設計しておりますので、問題なければ健康で美しい髪だということでご安心くださいませ。万が一軋んだ場合は開発者までお尋ねくださると、きちんと相談に乗らせて頂きます。

<使用方法>
不自然な泡立ちを抑えているので、2度洗いが推奨です。最初のすすぎが一番大切なのでたっぷりのお湯を通してください。特にもみあげや生え際、襟足は入念にすすいでください。すすげたと思ってからもう1周くらいがオススメです。1度目のシャンプー塗布は汚れに反応して泡立ちが弱い場合が多いので、早めに諦めて流してください。2回目のシャンプー塗布は泡立ちが良いはずですが、それでも泡立ちが弱ければ3回目までお願いします。おおよそ1本使い切る頃には皮脂が上手くコントロールできて泡立ちが良くなる方が多いのでご安心くださいませ。

<佐々木酒造スタッフも体験>
以前使っていたシャンプーは、洗いたてはサラサラしていても、寝て起きると髪がゴワゴワと乾燥しがちでしたが、こちらは手触りがフワフワになりサラサラも長く続くので驚きました。洗っているときから髪の手触りが潤っているような感じがあります。泡立ちやすくキュッと洗えるシャンプーに慣れていたので、初めは戸惑いましたが、何度か使っていくうちに穏やかな使用感にも慣れてきます。「一番初めのお湯での予洗いをしっかりする!」これは本当に仕上がりが変わります!

カテゴリーから探す

コンテンツ

お客様の声